承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

コミュニタリアニズムとリベラリズム その1

個人主義のせいで人々は孤独になったのだと考え、家や村落などの伝統的な共同体を懐かしむ人は少なくありません。
村に属せば自動的に仲間の輪に入れるのでしょうか。

たとえ村に生まれても、親が移住者であるが故によそ者扱いされることがあります。
代々村に暮らす一家に生まれても、自分は合わないと感じ、一日でも早く離れたいと考える人が存在します。

他方でもしも有名になれば、村から出て行っても仲間扱いされます。
村に住んだことすらなくても、親が村の出身というだけで一員として認められる可能性もあります。

このように対外的な所属と、心理的共同体の範囲は一致するものではありません。
伝統的な共同体を重視する社会では、このギャップがさまざまな問題を作り出します。

問題の第一は、心理的共同体の範囲からはみ出してしまった人々も対外的にはその共同体に属していると見做されることです。その結果そのような人々の存在は共同体の外からは見えにくくなり、精神的な孤立を招くことになります。

第二は、仲間と認めてもらいたければ共同体に貢献すべきと、心理的所属のために条件をつけられる、あるいはそう受け止めることがしばしば生じることです。

第三は、貢献が所属の条件であると感じることの裏返しとして、貢献しない人々、足手まといになる人々は排除してもよいと感じるようになることです。

第四は、いつか排除されるかもしれないと感じることにより、共同体が安心できる場ではなくなることです。

第五は、内部では排除された者も対外的にはその共同体に所属していると見做されるために、共同体の体面を保つための管理や強制が行われることです。

これらの問題は共同体としての対外的な所属と、心理的共同体の範囲が一致しないことに原因があります。
共同体を重視する社会ではしばしばこのギャップに目を背け、共同体の強い絆を強調します。

そのために排除を愛のムチであると信じ込もうとすることがあります。
例えば村八分にしているのはその一家の非を悟らせるための教育的処置だとか、親は子供を愛しているのだから体罰にも必ず理由があるはずだという考えは、この現れです。

あるいは目を背けることなくギャップを解消しようと、「仲間なのだから仲良くしましょう」と道徳を説くことになります。
国を愛しましょう、家族を大切にしましょうと、対外的な所属の枠はそのままで、親密さを広げようとします。

仲良くすべきという考えは、共同体の中で協力して解決させようと、あえて外からの介入を減らすことにも繋がります。
協力して課題に向かう過程で親しみが生じるはずだという、「雨降って地固まる作戦」です。
これは例えば貧困や介護の問題は家族は助け合って解決すべきであり、国は安易に手を出さない方が良いという考え方に繋がります。

ギャップを解消するには、これらとは全く逆のアプローチも存在します。
対外的な所属という枠を緩め、親密さを強制しないことです。

例えば家族と一緒にいたいならばそれで良し、離れたいならばそれでも良しというように、共同体ではなく個人をベースに考えます。

そのためには共同体の外に受け皿が必要となります。
その受け皿は各々の共同体から排除されても生きていけるようなセーフティネットであることが要請されます。

コミュニタリアニズムとリベラリズムの対立は、人々の親密さをどう扱うかという違いであると考えることができます。

続きます。