承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

共同体の乗っ取り その2

共同体の乗っ取りに関して是非とも読んでいただきたい小説があります。オーウェルの「動物農場」です。
ネット上でも読めます。
blog.livedoor.jp

この小説はロシア革命とソビエト連邦に関する寓話として読まれることが多いですが、政権の左右を問わず、また国家に限らず、共同体の乗っ取りがいかにして行われるかという観点から読むことができ、その内容には全く古さを感じさせません。

共同体の乗っ取りの手法は、次のように分類することが可能です。
A 敵の存在の強調
B 事実認識の妨害
C 共同体の分断
D 共同体のカルト化

Aの敵の存在の強調は、敵が外部と内部の双方にあることに注意が必要です。内部の敵とは本来共同体のメンバーであった者です。
小説では動物にとって人間が敵だったのが、やがて指導者のひとりであった豚が憎むべき敵とされ、いつの間にか敵であったはずの人間達と指導者層は手を結びます。

仮想敵の存在は集団の結束を強めます。集団の結束を強める目的で敵が認定され、実際以上に手強い存在であると伝えられることは少なくありません。
敵に関する恐怖と被害妄想は、敵と戦っている(ように見える)権力者を積極的に支持する方向に働きます。
仲間割れをしていては敵につけこまれるという口実は、反対意見を封殺し決定権を集中するためにしばしば用いられます。

また指導者の失敗を、敵に目を向けさせることによってうやむやにすることもよく行われることです。
例えば森友学園問題で辻元清美議員に関するデマが取り沙汰されたのも、分かり易い敵を持ち出すことで保守の結束を図ろうとしたものであると理解できます。

Bの事実認識の妨害は、指導者層が一般の共同体メンバーに対して行うものです。
情報の隠蔽、事実の改竄、虚言の流布は、分かり易い直接的な方法です。

過去に起こった出来事の改竄も行われます。それが可能になるのは、体験を共有した者たちがお互いに事実を語り合ったり、過去の記録から確認することが困難な状況が作り出されるためです。

小説では、指導者の息のかかった羊たちが無意味にわめき立てることによって、議論の意欲を削ぎ反対意見を封殺するという手段もとられます。似たようなことをネット上の議論の場で目にしたことがある人は少なくないでしょう。

共同体のメンバーが自由に自分の考えを話せない雰囲気を作り出すことこそ、間接的でありながら強力な事実認識を妨害する方法です。

Cの共同体の分断は、特権を持つ階級と、そうではない階級に分断することです。後者は前者から仲間ではなく搾取の対象と見做されます。
階級は固定され、異なるルールが適用されます。これによって乗っ取りがごく少数によって行われたとしても、その後は特権階級に所属する者たちがその状態の維持に尽力します。

Dの共同体のカルト化は、共同体のメンバーが自分たちは正しい方向に進んでいると信じたいという気持ちを共有することです。
そこには指導者への盲信や、メンバーであることに誇りを持つこと、状況の悪化から目を背けることが含まれます。

本来ひとつであった共同体を一旦分断しておきながら、カルト化によって見かけ上は一体であると見せかけることから、CとDはセットです。

前回、共同体が分断され周縁部に追いやられると次のような行動に出る人が生じると書きました。
1 共同体から離れる人
2 分断されている事実を否定し自分の所属する共同体は良いものだと信じようとする人
3 中心部に取り入ることで自分もおいしい汁を吸おうという人
4 どうしようもないと諦める人
5 乗っ取られた共同体を自分たちの手に取り戻そうとする人

カルト化は2を促進することで、1と5を防ぐのに役立ちます。
3はカルト化の過程では指導者にとっては便利な存在ですが、特権階級の利益を分け与える必要があるため、増えすぎることは好ましくありません。

共同体のメンバーの中にはマインドコントロールに引っかからない者も存在します。小説の老ロバのような存在です。しかしカルト化した環境では、自分が事実認識を訴えてもどうせ皆には理解できず無駄だろうと考えがちになります。これが4の諦めです。

共同体のカルト化はイコール共同体の一般階級の思考放棄です。Aの敵の存在の強調による恐怖と怒り、Bの事実認識の妨害による論理的思考の困難、Cの共同体の分断による指導者層の方が優れた存在だという思い込みは、これを後押しするファクターです。

次回は共同体の乗っ取りを防ぐ方策について考察します。