承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

共同体の乗っ取り その1

現在大きな話題となっている森友学園や加計学園の問題の核心は、行政が特定の人に対しては特別な配慮をすることにあります。
過去に注目を浴びたケースと大きく異なるのは、国家公務員が個人的に欲に眩んで便宜を図るのではなく、一般国民の知らない特権集団が形成されていた疑いがある点です。

確定申告の準備に追われながら、自分は多額の税金を納める義務がある一方で、国有地をただ同然で手に入れる人々が存在する事実について、苦々しく感じた人も少なくないことでしょう。

共同体が中心部と周縁部に分断され異なるルールが適用されることは、割と頻繁に生じる現象です。
これは国に限った話ではありません。
例えば町内会の予算で会長とその取り巻きだけで飲み食いしているとか、公募のはずが実は予め入選者が内定していたとか、しばしば耳にする話です。

多くの人は孤立を恐れ、どこかに所属している方が安心だと考えます。しかし都合が良い時のみ利用され普段は蚊帳の外に置かれるのであれば、共同体に所属することのメリットは得られません。

そのような立場に置かれれば、共同体から離れる人がいる一方で、分断されている事実を否定し自分の所属する共同体は良いものだと信じようとする人もいます。
また中心部に取り入ることで自分もおいしい汁を吸おうという人、どうしようもないとその立場に甘んじる人、一部の人々に乗っ取られた共同体を自分たちの手に取り戻そうとする人も存在します。

”我々は単に権力を政権から政権へ、党から党へ移譲するのではない。我々は権力をワシントンD.C.からあなた方、アメリカ国民へと返すのだ。
あまりにも長い間、我々の国家の首都にいる少数集団が政府の恩恵を受ける一方で、国民はその費用を負担してきた。
ワシントンは繫栄した。しかし国民はその富の分配にあずかることはなかった。”

これはトランプ大統領の就任演説の中の言葉です。(注1)
トランプ大統領登場を歓迎したアメリカ国民の多くは同様な認識があったと考えられます。
他方「私の大統領ではない」というプラカードを掲げ反対運動を続ける人々は、選挙で共同体の中枢を悪い集団に乗っ取られたと認識していると考えられます。

冒頭に述べた学園土地取得問題を通して、日本会議という保守団体が注目を集めつつあります。彼らの中には「左翼や外国人勢力に乗っ取られた日本を取り戻すのだ」という認識を持つ者も少なくありません。
しかし今回の問題を通して日本会議が日本の中枢を乗っ取っていたと認識する人も存在するでしょう。(注2)

乗っ取り犯はどちらかという認識の違いをどのように乗り越えることができるでしょうか。言い換えれば、共同体の正常な状態と乗っ取られ分断している異常な状態をどう見分ければよいのでしょうか。

次回に続きます。

(注1)こちらの就任演説日本語訳から一部引用させていただきました。
toyokeizai.net


(注2)
国会議員の4割、閣僚ポストの8割が日本会議のメンバーだという2015年の記事がありました。
gendai.ismedia.jp