読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

つながるということ

他者と向き合う

前回ウロロボスの蛇のイラストは尾を食べているとして話を進めました。これに違和感を感じた方もいるでしょう。

本来のウロロボスは尾を咥えているものです。始めと終わりが繋がり円環を形作ることから、終わることなき循環と、完結しており欠けるものがない状態を意味するシンボルだと考えられています。蛇が一匹ではなく二匹のバージョンでは陰陽的な意味が付加され、太極図と限りなく近くなります。

従って頭が尾を食べる状態は、本来の意味とは全く逆です。本来繋がっているものを分離していると誤解して攻撃することにより、自らを弱体化させて終わりを迎えます。

分離の誤解が生じるのは、繋がっているという状態とは親交があるとか同じ集団に属していることであると理解しているためです。

どこかに所属しなければ自分は孤立すると考える人は少なくありません。
加えて、人は孤立すべきではない、孤立すれば悪いことが起こるという思い込みがあれば、誰彼構わず親しくなろうとしたり、集団に同調しようと努力することになります。またひとりでポツンとしていることを気付かれるのは恥だと感じます。

しかし、人はもともと孤立した状態であり、繋がるためには何らかの行動が必要なのでしょうか。繋がるとは他者と会話することや同じ集団に所属することを意味するのでしょうか。

自分は今何を感じているのかを観察すれば、どこまでが自分でどこからが他者の影響であるかを区別することは、困難であることに気付きます。自分の中には他者の痕跡が含まれています。

たとえ無人島に一人で渡って暮らしたとしても、ふと幼い頃の親との会話を思い出したり、過去に流行した歌を口づさんだり、今頃あの人はどうしているだろうと思いを馳せることになるでしょう。

更に、他者とは人間のみを意味するものではありません。雲が流れ去り陽が差せば気分は変わります。足元に咲いている花を見て、張り詰めていた気持ちがふと緩むこともあります。

「人は誰しも一人でこの世に生まれ、一人で死んで行く」という台詞をよく耳にしますが、他者なしに生まれることはありません。そして死ぬときにはおそらく誰かのことを想うでしょう。

私たちは、常に他者から影響を受け続けています。逆に自分が他者に影響を与えることもあるでしょう。
すべてを裁ち切って孤立することは不可能です。

自分は世界と否応なしに繋がっていると気付けば、ともかく誰かと繋がりたいという気持ちからは一歩前進します。
良い影響を与えてくれるものに近づき、悪い影響を与えるものは遠ざけることが重要だと感じるでしょう。

ところが何が良くて何が悪い影響かを見分けることは容易ではありません。

次回に続きます。

関連ポスト
glicine394.hatenablog.com
glicine394.hatenablog.com