読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

コミュニケーション能力と四つの方向性

これまで承認欲求の考察の中で何度もコミュニケーションに関して言及しました。そこで今回から承認欲求とコミュニケーション能力の関係について考察します。
承認欲求が強い人はコミュニケーション能力が低い、いわゆるコミュ障であるというイメージがあるかもしれません。が、実際は承認欲求が強くなおかつコミュニケーションの能力が非常に高い人はたくさん存在します。

承認欲求を縦軸に、コミュニケーション能力を横軸にすると、次のような図となります。
説明の便宜から四隅をネーミングしました。四種のタイプ分けではないので注意して下さい。承認欲求もコミュニケーション能力も有るか無いかのの二択ではなくグラデーションがあります。

f:id:glicine394:20151028215043p:plain

ヒキ学者
承認欲求、コミュニケーション能力共に低いケースです。引きこもって研究に没頭する学者からこの名をつけました。孤高の芸術家をイメージしてもよいでしょう。

エア軍師
同じくコミュニケーション能力は低いのに、承認欲求は強いケースです。他者とのかかわりが苦手なのに、集団を指導するような役割を夢想することからこの名をつけました。エアはエアギターのエアで、そのつもりになるのが得意という意味です。

デキ上司
エア軍師とは逆で、コミュニケーション能力は高く、承認要求は低いケースです。デキは仕事ができるという意味で、頼り甲斐のある上司というイメージからこの名をつけました。

グル商人
コミュニケーション能力、承認欲求共に高いケースです。教祖的なカリスマ性で人を動かして大金を稼ぐイメージからこの名をつけました。

縦軸の承認欲求については初回に定義を明確にしています。横軸のコミュニケーション能力とは何でしょうか。それぞれのコミュニケーションについて考察してみましょう。

ヒキ学者のコミュニケーション能力が低いのは、他者の共感を求める気持ちが少ないことに由来します。
特異性が高く他者と理解し合うことはできないことに対して諦めがあり、人間関係よりも自分の興味があることにエネルギーを注ぎたいと思います。話が通じない人とのコミュニケーションは時間の無駄だと感じているのであり、彼の特異性を理解できる人に出会えば饒舌になることもしばしばです。
喩えれば自分の国の興味深い話がたくさんあるのに、日本語を知らない外国人のようなものです。通訳の役割をする人が登場するか、本人が日本語を学ばない限りは、彼の話は誰にも知られないままで終わります。

エア軍師のコミュニケーション能力の低さは、いわゆるコミュ障と呼ばれるものです。
彼は承認欲求が強い、つまり自分はOKであると信じたい気持ちが強く、それがコミュニケーションの目的です。そのために他人に良い印象を与えなければいけないと考え、まるで試験を受けるかのように緊張して相手に接します。その緊張に加え、自分がどう見られているかに意識が集中してしまい、相手の文脈や表情をうまく読み取ることができません。
また相手から良い評価を得ることができないとなると、一転して自分は被害者だと相手を攻撃する考え方になります。
ブロガーに喩えれば、何を書けばいいのか分からないけれど、多くの人に賞賛されることを期待してとりあえずブログを開設するようなものです。アクセスを増やすためのマニュアルに頼ったり大衆受けする話題を採り上げることで乗り切ろうとします。

デキ上司はコミュニケーション能力の高い人です。これは情報を共有したり、意見の差異がどこにあるのかを見出して説明する能力が高いことを意味します。
彼は承認欲求が低いために自分の意見に固執することなく人の話に耳を傾けることができます。意見が対立しているようならば理性的な説得で調整します。しかし理知的な話が通じない人に囲まれた場合は、協調性の高さが仇となり混乱してしまうことがあります。

グル商人のコミュニケーション能力の高さは、インプットとアウトプットが不均衡です。つまりコミュニケーションで彼が周囲に影響を与える大きさと、周囲から影響を受ける大きさには大きな差があります。これは彼のコミュニケーションの目的は承認欲求を満足させることであり、お互いを理解することではないからです。グル商人が相手に耳を傾けるのは、どうすれば他人をコントロールすることができるかを探るためです。
彼のコミュニケーションは理性よりも相手の感情に訴えることを重視します。他者の承認欲求の扱いに長けており、これが相手をコントロールするグリッドになります。相手を賞賛して誇らしく感じさせたり、激しく責めて罪悪感を持たせたりします。そのために嘘をつくことも厭いません。

次回に続きます。

関連ポスト
被害者意識について - 承認欲求の考察
3つのキーワード その3「信じたい」 - 承認欲求の考察
押しの強さと個性の希薄さ - 承認欲求の考察