承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

デモに参加しない理由

頻繁にデモに参加する友人から「なぜデモに参加しないのか知りたい」というお題をもらいました。彼は政府の推進するある政策は取り返しのつかない重要な問題であり、デモに参加して多くの国民は反対していることを示して政治家に圧力を掛けなくてはいけないと考えています。承認欲求や同調圧力と関わるテーマなので、今日はこれを考察しましょう。

デモに行かない人にはそれぞれの理由があります。
A デモの主張と意見を異にする
B デモのテーマに関心がない
C 同意見だが、行くのが面倒
D 同意見だが、デモという手段の有効性に疑問がある
E 同意見だが、デモに行くようなタイプの人が苦手
これらの動機は重複することもあります。

この中で一番重要だと思われるのはEです。
なぜならデモに誘う人にとって一番理解しにくいものです。デモに勧誘されたことを機に苦手意識が反感に進化すれば、その人は反対意見の支持に回る危険性すらあります。
この効果を狙ってデモの主催者グループに潛入しわざと悪印象を残す言動を行う敵対グループの人間も存在します。

それではなぜデモに行くようなタイプの人が苦手だと感じるのでしょうか。

1 悪い先入観がある
ネットやテレビなどその人が普段触れている情報からのデモ参加者に悪いイメージを持っている場合です。例えば左翼、右翼、労組、宗教団体など。今回デモに誘う接触は、悪いイメージを強化する機会にも覆すチャンスにもなり得ます。

2 仲間ノリについていけない
デモの参加や政治行動をアイデンティティにしていると感じると、そのノリについていけないと拒否反応が生じることがあります。例えば普通の人には分かり難いような言葉遣いやスローガンのようなフレーズを使う場合、敵対する勢力への罵倒や暴力行為に対してこう感じるでしょう。

3 単に動員人数を増やすための駒だとみなしている
突然接近してきたり、会ってすぐにデモの話を持ち出すとこう思われる可能性があります。自分ばかり話してこちらの意見は耳を傾けてくれないか即座に否定されると感じる場合も同様です。

4 罪悪感を植え付けようとしている
「大きなデモにならないと国会や政府は決めてしまって取り返しがつかないことになる」「無関心なのは民主主義を否定するものだ」「反対を表明しないのは賛成なのと同じ」などの言葉で参加しないならあなたは市民としてOKでないと思わせることです。誘っている本人は罪悪感を植え付けているという意識はなく、ただデモに参加することの重要さを伝えているつもりかもしれません。

5 偉そう
自分は正しいという確信に満ちていて、こうあるべきだという価値観を押し付けてくると受けとられる場合です。
また「君は分かっていないから教えてやる」という上から目線を相手が感じる場合もあります。

このような悪印象を与えないために、何ができるでしょうか。

私の考える回答は承認欲求を考察することです。つまり「デモに行く正しい自分」「デモに参加する偉い自分」と自分を持ち上げることを目的としている部分がないか自分自身を見直してみることです。
承認欲求が強い状態であれば2から5までの印象を相手に与えやすいでしょう。

「デモに参加するすごい自分」が関心の中心のときは、相手に対しての関心は低下しています。
もしも相手が異なる意見を表明すると、自分が否定されたような気分になり相手を言い負かそうとします。
仲間内でのノリが普通の感覚になっていると、多様な見解に対して混乱を招くものだと否定したくなるかもしれません。

今目の前にいる人は今度のデモに行くつもりなのか、そうでないのか、後者ならどうして行きたくないのか。対話によりこれらを知ることに関心が向けば自然と「自分」濃度は下がり、承認欲求も低下します。また相手の考えを知ることはデモの成果を上げるためにも有益です。世論へどう働きかけたらいいのかを研究する一歩となるからです。

デモのように団結で対立軸を生み出すことは、カルト化の危険を常に内包します。つまり世の中がどう動いているのか「知りたい」よりも、自分が正しいと「信じたい」と異なる意見をバカにして排除するという方向に行く危険です。それを防止するためにも、意見の異なる他者に耳を傾けそれについて考えてみることは重要です。多様な考え方を持つ人が広く結集する方がデモの政治的目的も達しやすいでしょう。

承認欲求が低下するに従って、自分が普段所属するグループのアイデンティティではなく、自分自身の実感を伴う言葉が湧き上がります。その方が相手の気持ちを動かす可能性があるかもしれません。

もっとも承認欲求が低い場合でも相手に偉そうだという印象を与えてしまうことがあります。次回はこの問題について掘り下げます。

関連ポスト
3つのキーワード その1「自分」 - 承認欲求の考察
3つのキーワード その3「信じたい」 - 承認欲求の考察
同調圧力 その1 人と同じがいいと思う理由 - 承認欲求の考察