読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

同調圧力

共感を求めることの問題点

前回はなぜ人を殺してはいけないかについて考察しました。この種のテーマはしばしば共感の押し付けがなされます。しかしそれで納得できるような人であれば、はじめからこのような問いかけはしなかったでしょう。例えば「世界でたったひとつの欠けがえのない…

同調圧力 その5 同調しないときに起こること

前回のつづきです。婚約者の家ですき焼きを食べることになったあなたは、皆が口にした箸で鍋をつつくことに汚いという感情を持ち、取り箸を使うか先に自分の分を取り分けることを申し入れます。しかし相手は受け入れてくれません。相手の受け入れないという…

同調圧力 その4 同調するかどうかの選択

今回は具体例から考えることにしましょう。 婚約者の実家に招かれての夕食はすき焼きです。あなたは皆が一旦口にした箸で同じ鍋をつつくことに嫌悪を感じます。不潔だから嫌だと言えば、皆に気を悪くされそうで心配です。どうしたらいいでしょうか。 同調圧…

同調圧力 その3 回避する方法

これまでなぜ同調したがるのか、なぜ他者にも同調を求めるのかを考察してきました。是非前二回を読んで下さい。これを理解すれば同調圧力のかけ方は容易に導き出すことができます。同調圧力の掛け方は以下の7つです。典型的なせりふを挙げます。 1 仲間だろ…

同調圧力 その2 他者に同じ振る舞いを求める理由

前回を復習しましょう。 1 みんなと仲良くすべきという条件づけからのショートカット 2 管理する側の都合による条件づけ 3 経験知 4 判断回避 以上の理由から、みんなと同じが良いという価値観を身に付けるというところまで話しました。自分が他者に同調する…

同調圧力 その1 人と同じがいいと思う理由

時々女性向きの匿名掲示板で、化粧せずスッピンで外出することは是か否かという議論が起こります。1)個人の自由だ、2)状況によりけり、3)化粧すべきだという三つの見解に分かれます。最後の見解はルールが存在しない状況で他者が自分と同じように振る舞う…