承認欲求の考察

承認欲求をキーワードに、人間心理や社会を考察します。

共同体の乗っ取り その3

前回はオーウェルの「動物農場」を素材に、共同体の乗っ取りの手法について考察し、以下のように分類しました(注1)。
A 敵の存在の強調
B 事実認識の妨害
C 共同体の分断
D 共同体のカルト化

これらはすべてこのブログで言及してきた、承認欲求の強い状態での振る舞いと共通します。
glicine394.hatenablog.com

共同体の乗っ取りは、承認欲求と深い関連があります。
権力の地位にある者の承認欲求がメンバーの承認欲求と共鳴しつつ少しずつ膨らんでいく場合もあれば、承認欲求もコミュニケーション能力も高いサイコパス的素質を持つ者がメンバーの承認欲求を操作しつつ野望を満たしていく場合もあります(注2)。

いずれにせよ共同体の乗っ取りを阻止するには、承認欲求のメカニズムを知ることが役立ちます。
もっともそれは乗っ取りを企む者の承認欲求を分析しろという意味ではありません。必要なのは自分の承認欲求がいかに共鳴するのかを冷静に観察することです。

多くの人は共同体の乗っ取りの有無を、権力を得ようとしている人が悪人かどうかで判断しようとします。あるいは悪人だと糾弾することで乗っ取りを阻止しようとします。

しかしそれは敵か味方かと考えることと同様であり、同じ意見を持つかどうかで共同体を分断することになります。つまり乗っ取る側と相性の良い考え方であり、いつの間にか相手の誘導に乗せられてしまう可能性があります。
また承認欲求のメカニズムを知れば、悪人だという糾弾は相手に燃料を補給する可能性があることも理解できるでしょう。低能だという嘲笑も同様です。

共同体の乗っ取りのプロセスは、共同体のカルト化のプロセスでもあります。
カルト化とは集団が思考放棄して教条主義的な態度をとることに他なりません。
「悟った師が言うことが正しいのだ」でも、「金を多く稼ぐ人ほど偉いのだ」でも、「共同体は良いものだ」でも、「偉い人に従っていれば安泰だ」でも、掲げるスローガンの内容は何であれ同じことです。
まず信じるべき結論あり、それを指針として集団が同じ方向に歩みます。それに疑問を投げかける人がいれば、集団で攻撃します。

このブログは政治ブログではないことから、「政治とか権力には全く関心がない、自分が楽しく生きられることが第一だ」と考える人が大多数でしょう。
しかし共同体が乗っ取られカルト化してしまうと、遅かれ早かれ個人に対して「こう振る舞うべきだ」と介入が始まります。できない人間には駄目な人だという呪いもかけられます。
生き辛さは自分をとりまく環境と無関係ではありません。

(注1)この分類には、オーウェルの小説では重要な要素である「共同体メンバーに対する暴力」が欠けているように見えます。敢えて暴力を独立した項目としなかったのは、いくつかの理由があります。
ひとつは例えば敵認定され見せしめのために行われる暴力(A)、真実を探る者の抹消(B)、教育のために強制的手段が必要な劣位の者という認定(CとD)のように、暴力はA~Dに含まれ得るからです。
もうひとつは暴力が明白になる時は既に乗っ取りがかなり進行した状態であり、もはや防ぐ余地がないからです。逆にそれ以前の段階では巧妙に隠されており、暴力をメルクマークにすることで乗っ取りが見えにくくなる可能性があります。

(注2)ここでのコミュニケーション能力は、異なる見解の者と対話する能力という意味ではなく、褒めたり脅したりして相手を意のままに動かす能力という意味です。詳しくはこちらをご覧下さい。
glicine394.hatenablog.com

共同体の乗っ取り その2

共同体の乗っ取りに関して是非とも読んでいただきたい小説があります。オーウェルの「動物農場」です。
ネット上でも読めます。
blog.livedoor.jp

この小説はロシア革命とソビエト連邦に関する寓話として読まれることが多いですが、政権の左右を問わず、また国家に限らず、共同体の乗っ取りがいかにして行われるかという観点から読むことができ、その内容には全く古さを感じさせません。

共同体の乗っ取りの手法は、次のように分類することが可能です。
A 敵の存在の強調
B 事実認識の妨害
C 共同体の分断
D 共同体のカルト化

Aの敵の存在の強調は、敵が外部と内部の双方にあることに注意が必要です。内部の敵とは本来共同体のメンバーであった者です。
小説では動物にとって人間が敵だったのが、やがて指導者のひとりであった豚が憎むべき敵とされ、いつの間にか敵であったはずの人間達と指導者層は手を結びます。

仮想敵の存在は集団の結束を強めます。集団の結束を強める目的で敵が認定され、実際以上に手強い存在であると伝えられることは少なくありません。
敵に関する恐怖と被害妄想は、敵と戦っている(ように見える)権力者を積極的に支持する方向に働きます。
仲間割れをしていては敵につけこまれるという口実は、反対意見を封殺し決定権を集中するためにしばしば用いられます。

また指導者の失敗を、敵に目を向けさせることによってうやむやにすることもよく行われることです。
例えば森友学園問題で辻元清美議員に関するデマが取り沙汰されたのも、分かり易い敵を持ち出すことで保守の結束を図ろうとしたものであると理解できます。

Bの事実認識の妨害は、指導者層が一般の共同体メンバーに対して行うものです。
情報の隠蔽、事実の改竄、虚言の流布は、分かり易い直接的な方法です。

過去に起こった出来事の改竄も行われます。それが可能になるのは、体験を共有した者たちがお互いに事実を語り合ったり、過去の記録から確認することが困難な状況が作り出されるためです。

小説では、指導者の息のかかった羊たちが無意味にわめき立てることによって、議論の意欲を削ぎ反対意見を封殺するという手段もとられます。似たようなことをネット上の議論の場で目にしたことがある人は少なくないでしょう。

共同体のメンバーが自由に自分の考えを話せない雰囲気を作り出すことこそ、間接的でありながら強力な事実認識を妨害する方法です。

Cの共同体の分断は、特権を持つ階級と、そうではない階級に分断することです。後者は前者から仲間ではなく搾取の対象と見做されます。
階級は固定され、異なるルールが適用されます。これによって乗っ取りがごく少数によって行われたとしても、その後は特権階級に所属する者たちがその状態の維持に尽力します。

Dの共同体のカルト化は、共同体のメンバーが自分たちは正しい方向に進んでいると信じたいという気持ちを共有することです。
そこには指導者への盲信や、メンバーであることに誇りを持つこと、状況の悪化から目を背けることが含まれます。

本来ひとつであった共同体を一旦分断しておきながら、カルト化によって見かけ上は一体であると見せかけることから、CとDはセットです。

前回、共同体が分断され周縁部に追いやられると次のような行動に出る人が生じると書きました。
1 共同体から離れる人
2 分断されている事実を否定し自分の所属する共同体は良いものだと信じようとする人
3 中心部に取り入ることで自分もおいしい汁を吸おうという人
4 どうしようもないと諦める人
5 乗っ取られた共同体を自分たちの手に取り戻そうとする人

カルト化は2を促進することで、1と5を防ぐのに役立ちます。
3はカルト化の過程では指導者にとっては便利な存在ですが、特権階級の利益を分け与える必要があるため、増えすぎることは好ましくありません。

共同体のメンバーの中にはマインドコントロールに引っかからない者も存在します。小説の老ロバのような存在です。しかしカルト化した環境では、自分が事実認識を訴えてもどうせ皆には理解できず無駄だろうと考えがちになります。これが4の諦めです。

共同体のカルト化はイコール共同体の一般階級の思考放棄です。Aの敵の存在の強調による恐怖と怒り、Bの事実認識の妨害による論理的思考の困難、Cの共同体の分断による指導者層の方が優れた存在だという思い込みは、これを後押しするファクターです。

次回は共同体の乗っ取りを防ぐ方策について考察します。